2018-10-27

ダイエットを成功させるための代謝力アップには運動が一番?

ダイエットに興味のある人は
「代謝」という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

こんにちは。痩せ体質に導くセラピスト佐藤です。

若いころに比べて同じような食生活を送っているのに太りやすい・・・
わたしって代謝が悪いからすぐ太るのよね・・・
40代になるとカラダの変化に気づく人も多いと思います。

健康的なダイエットには代謝力アップが必要不可欠!

では具体的に何をすればいいと思いますか?

やっぱり運動よね・・・

たしかに運動も大事ですが、それよりも優先して欲しいものがあります。
その内容をこれからお伝えしていきたいと思います。

さとう

痩せ体質に必要なことが分かる記事なのでぜひ読んでくださいね。

代謝とは何?代謝は3つに分類されます!

まずはよく耳にする代謝について説明したいと思います。

「代謝」とは外部から摂取したエネルギーが体内で利用・消費される一連の流れのことです。

代謝は大きくわけて3つに分類されます。

①基礎代謝

基礎代謝は生命の維持にために必要なエネルギー消費です。

座ったり寝たり身体を動かさない状態でも、
カラダは心臓を動かしたり、呼吸したりして生命活動に必要なエネルギーを作り出して消費しています。

基礎代謝はこの代謝の中で最もエネルギー消費量が多く、
全体の60%が基礎代謝としてエネルギーが使用されます。

②生活活動代謝

生活活動代謝は、身体を動かす際に必要なエネルギー消費のことです。

ダイエット時は運動をしよう!というのは、この生活活動代謝を上げてエネルギー消費量を増やすことを目的としています。

代謝の全体の30%が生活活動代謝として使用されます。

③食事誘導性代謝

食事誘導性代謝とは、食事をする際に必要とするエネルギーです。

食べる行為にも代謝を利用しています。

食事誘導性代謝は、代謝全体の10%を使用しています。

加齢と比例して代謝が悪くなるのはなぜ?

「筋力の低下」が一番の原因

同じカロリーを食べても太るのは「筋力の低下」が一番の原因です。

筋力は15歳をピークに徐々に低下しますが、40歳くらいから急激に低下します。

基礎代謝力全体の40%は筋肉が消費します。

筋力が低下するとエネルギー消費量も少なくなるので
結果として脂肪として蓄積されます。だから太るのですね。

生活活動代謝が低下したから

便利な世の中になっているので、意識的に運動をしていない限り、生活活動代謝も低下します。

運動をすることで筋力アップと生活活動代謝低下の解消することができます。

効率よく痩せ体質になるには基礎代謝を無視しては×

生活活動代謝を上げることも大事だけれど、
ダイエットはまずは基礎代謝力を上げること!

なぜなら代謝全体の60%を占めるのは「基礎代謝」だからです。

ここを無視したダイエット活動をしている人が多いなと思います。

いい例として挙げられるのはウォーキングやヨガなどの有酸素運動。

もちろん有酸素運動が悪いわけではありません。

しかし有酸素運動は筋力の「維持」にはなりますが「増やす」ものではありません。

つまり基礎代謝アップのための活動ではなく、生活活動代謝アップの活動になります。

そして運動は意外とエネルギー消費量が少ないので、体重に変化が表れるのには時間を要します。

ダイエットに有酸素運動は必要です。

しかし優先順位を理解してダイエットをしていないと失敗や挫折が待っています。

さとう

基礎代謝力をアップするのが第一優先!エネルギー消費量が多いところから修正をしていくことが痩せ体質への近道なのです。

基礎代謝アップとして、すぐにしてほしいのは基礎体温を上げること!

基礎代謝力をあげるというのは、
具体的に筋肉を増やすこと、内臓の働きをよくすることです。

すぐ実践して欲しいのは、内臓の働きを高めるために身体を芯から温めること。
身体が冷えると内臓の働きも悪くなってしまうからです。

身体を芯から温めることというのは、
ここでは「基礎体温を上げる」ということを指しています。

あなたの平熱はどれくらいですか?低体温ではありませんか?

平熱が36.5℃以下の人は要注意!今すぐ体温を上げる努力をしてください。

体温が1℃上がると基礎代謝量が13%UP

体温が1℃違うだけで基礎代謝力が13%もアップするってすごいと思いませんか?

例えば、平熱が35.5℃の人の基礎代謝量が1200kcalだとすると、
36.5℃になると基礎代謝量が1380kcalになります。

体温が1度上がるだけで何もしなくても毎日180kcal消費量が増えるのです。

これってすごいことだと思いませんか?

ちなみに180kcalを運動で消費しようと思ったらウォーキングなら約1時間、
摂取カロリーとしてはpinoアイス1箱が目安です。

36.5℃以下の低体温の人は、まずは基礎体温を上げることを優先しましょう!

すぐに始めよう!基礎体温を上げるには?

カラダの外部も内部も冷やさないことが大切。

冷たい飲み物やカフェインの多い飲み物、アルコールの摂りすぎを控えて、温かい飲み物や食べ物を撮るようにしてください。

お腹から下半身にかけては特に冷えないように気を付けてください。
薄手の可愛い腹巻をするだけでも随分と変わります。

女子はカラダを冷やしてはいけません。
体感温度と体温は違うので、寒さを感じていなくても体温が低い場合は温活が必要です。

まとめ

・健康的なダイエットには代謝力を上げること。

・中でも基礎代謝力を上げることを優先的に行う!

・筋力をつけるのも大切だけど基礎体温を上げることが最も大切。

・体温が1度上がると13%エネルギー消費量がアップ!自然と痩せ体質へ

以上になります。運動が苦手な人でも基礎代謝をアップさせることはできますよね。
体温を上げることは、ダイエットだけではなく免疫力もアップするので健康にもいいです。

健康的なダイエットを目指しましょう!

さとう

最後までお読みいただきありがとうございました。
関連記事