2018-10-22

ダイエット中にストレスでドカ食いをしたくなったらどうする?

ストレスが溜まるとついドカ食いをしてしまいませんか?

ドカ食いさえやめれば痩せられるのに、どうしてもやめられない。
そんな意志の弱い自分が嫌になる…

ダイエットに失敗ばかりを繰り返して自己嫌悪に陥っていませんか?

こんにちは。痩せ体質へ導くセラピスト佐藤です。

不満やストレスがあるとしてしまいがちなドカ食い。

しかし、ドカ食いをしてしまう人に、やめるように言ってもカンタンにやめることはできませんよね。

今日はドカ食いが原因で肥満を招く人のために役立つ情報をお伝えします。

気合でドカ食いを止めろ!という手法ではなく、自然とドカ食いしなくても平気になる習慣法です。

ダイエット中なのに、なぜドカ食いをしたくなるの?

セロトニンが不足が原因です

ダイエット中、何故ストレスが溜まると食欲が増すのでしょう?

それはストレスが溜まるとセロトニンの分泌量が減少するからです!

セロトニンとは別名「幸せホルモン」

精神の安定や睡眠に深く関わっているホルモンです。

ストレスを感じるとセロトニンが減少し、
感情のバランスが取れなくなり心を健やかに保つことが出来なくなります。

すると、セロトニン不足を解消しようと脳は幸福を感じることをするように指令を送ります。

そんな時、手っ取り早い解決方法が食欲を満たすこと!

食べることによって満足を得た脳は、
またセロトニンが不足した際は食欲で満たそうよ!と指令を送ってきます。

食べるのがストレス発散になること自体は悪くはありません。

しかし、ストレスを感じる時に限って炭水化物やカロリーが高いものや甘いものが食べたくなりますよね。

カラダが栄養を求めているのではなく、脳が快感を求めて食べている食欲です。

たまになら自分へのご褒美として食べてもOKですが、
それを頻繁に繰り返していると、肥満体型まっしぐらです・・・

ではこの悪循環をどう断ち切ればいいのか?
そのキッカケとなるものは⁉

基本は食事!食べてセロトニンを増やそう!

普段からセロトニンを増やす活動をしておくことで、
多少ストレスを感じてもドカ食いを食い止めれるようにしよう!という作戦です。

朝食からたんぱく質を摂るのがポイント!

セロトニンはアミノ酸の一種である、トリプトファンから作られています。

また睡眠ホルモンと呼ばれる「メラトニン」もトリプトファンから作られます。

セロトニンやメラトニンの材料となるトリプトファンは、主にたんぱく質に多く含まれています。
そのトリプトファンは約14〜16時間後にセロトニンとメラトニンになります。

例えば朝7時にトリプトファンを摂ると、
21〜23時頃にセロトニンとメラトニンが作られているイメージです。

その時間帯に幸せホルモンと睡眠ホルモンの両方が作られている状態だと、
精神的に満たされ、自然とカラダが眠気モードに入ります。

早い時間に眠気がくると深夜に無性に食べたくなる気持ちと戦わなくてもよくなります。

つまり、朝食からトリプトファンを摂ることで生活習慣や食生活の乱れを改善できるようになります。

トリプトファンを多く含む食品は?

では、トリプトファンを多く含む食品とは?

・大豆製品(豆乳、豆腐、納豆、高野豆腐)
・乳製品(チーズ、牛乳、ヨーグルトなど)
・卵
・魚(かつお、鮭、さば、さんま)
・バナナ
などに含まれています。

トリプトファンは植物性たんぱく質の方が吸収されやすいです。

しかし動物性たんぱく質であってもビタミンB6と一緒に摂ることにより合成が促進されます。
(鶏肉、かつお、鮭、さば、さんまはビタミンB6が豊富です!)

食べ物以外での幸せホルモンの増やし方

セロトニンを増やす方法は食べる以外にもあります。

太陽の光を浴びる

セロトニンの合成には太陽の光が不可欠。

太陽の光を浴びると目から脳に信号が伝達されて、脳内でセロトニンの合成が促進されます。
カーテンを開けて就寝すると、朝に太陽の光で自然と目覚めやすくなります。

腸をあたためる

セロトニンの90%は腸内にあると言われています。
腸が冷えた状態だと幸せを感じることができません。
また腸内環境が悪いとセロトニンの分泌も悪くなります。

腸を冷やしていいことは何ひとついいことはないですよ!

マッサージやエステを受ける

肌と肌が触れることによって行われるマッサージはセロトニンの分泌を増やすだけではありません。

「やる気ホルモン」と呼ばれるドーパミンや「癒しホルモン」と呼ばれるのオキシトシンの分泌にも効果的です。

この3つの神経伝達物質はメンタルの強化、幸福感や健康的な生活の重要なカギとなるので、
マッサージを受けることはメンタルにいい影響を与えます。

私のお客様のうち、普段から食欲旺盛で甘い物に目がない方でも、
マッサージ後はそんなに食べたいと思わないと言います。

まさに満たされると精神的に安定するし、その日の睡眠の質もすごく良いとのことです。

リズム運動をする

リズム運動とは一定のリズムを重視した運動のこと。
最近の脳の研究で、リズム運動がセロトニンを増やしメンタル強化に繋がることがわかってきました。

食事の際によく噛むこともリズム運動のひとつです。

運動もリズム運動になります。
セロトニンはリズム運動を始めて5分後くらいから濃度が高まり、20~30分でピークに達します。

運動は疲れたと感じるとセロトニンの機能は低下するので20~30分を目安にして下さい。
また自分にとってきついと感じる激しい運動や、そもそも運動が苦手な人は効果は期待できません。

まとめ

ストレスによるドカ食い。それが原因でダイエットが成功しないことも多々あります。

そして、ドカ食いそのものの原因がセロトニン不足でした。

それを解消するには、

・基本は普段の食事からセロトニンの材料となるものを積極的に食べよう!

・朝食から良質なたんぱく質を摂ること。大豆製品や乳製品などがおすすめ。

・太陽の光を浴びたり運動したり、好きなことをすることによってもセロトニンは増やせる。

・マッサージはメンタルにもいい影響を与えます。自分へのご褒美として幸福感を味わってください。

食を満たしてストレス解消はたまにはいいけれどもクセにするのは禁物!
暴飲暴食は胃腸や肝臓など内臓に負担がかかることも忘れないでください。

ストレス社会を乗り切るには「セロトニン」をたくさん分泌して自己メンテナンス力を高めて乗り切りましょう!

当店ではこういった食事からのサポートやアドバイスも取り入れています。

関連記事